totofuku

totofukuの旅

 1 アフリカ ケニア

このブログはケニアの首都ナイロビでの出来事です。27、8年前の話です。

俺はナイロビのゲストハウスに泊まっていた。隣の部屋の入口で下を向いてじっとしている少年がいた。

年は5歳ぐらいの黒人。「俺は何してるの」と聞いた。「待っている」と言った。

「誰を」と聞くと、「お母さん」と答えた。少年のお母さんは部屋の中で何かやっていた。

しばらくすると、白人の男の人が出て来た。俺は気づいた、少年のお母さんは売春婦
f:id:totofuku:20200801023828j:plain
客をとっていた。お母さんは部屋から出て来てひょこりと、頭を下げた 話を聞いてみたら

隣の国ウガンダから内乱のため逃げてきたらしい。まーひどく貧しい国だ。

俺は暇だったので少年に外で遊ぼうと誘った、少年は嫌だと、何でか聞いたら

殴られると言う 俺は誰にと言うと少年のグループと答えた。外に出るといじめられるみたいだ。

可哀想になって、俺と一緒だったらだったら大丈夫と言うと渋々ついて来た。
少し歩くと5人組の少年たちを見つけた あれかと聞くと うんと頭を下げた。

俺はジーと少年たちを睨んでから通り過ぎた「ほら大丈夫だろ」と言うとニコッと

子供らしい笑顔になった。本当は俺も少しビビった 少年たちなら俺は勝てる

でも彼らの親が襲って来たら、負けるかも、ここは何せ貧しい国ケニアだから、